MS医療ダイエットは糖質、脂質を溜め込まない!

30代後半から40代になると、中年太り、メタボ予備軍など、いつのまにかぜい肉がついてきませんか?

家事、子育て、仕事など忙しくしていると自分のことは後回しになりがちですが、身体の変化には対応していきたいですね。

基礎代謝は20代に比べて、40代では約8パーセント、50代では約16パーセントも低下します。
若いときと同じように食べていては カロリーの摂りすぎ、食べ過ぎです 。

このような状態を、リセットできたらいいですね!

糖質をとり過ぎてリセットするには、食べ物や生活習慣で時間をかけてできる方法もあります。

でも、SM医療ダイエットでしたら、無理なくカンタン、しかも医師のアドバイスで安心して痩せることができます。

ダイエットの痩身薬の働きは、処方薬による糖質制限で

食べ過ぎた糖質や脂質を身体に溜め込まないで、排出します。

詳しくはコチラをご確認ください。↓ ↓ ↓ ↓

13048


食べ物 で痩せるホルモンを増やせる?

痩せの大食いと言いますが、たくさん食べているのに痩せている人と、かなり食事制限しているのに肥っている人の違いは何でしょうか?

それは、「GLP-1」というホルモンの量が多いか少ないかの違いなのです。
テレビ番組でも、随分話題になっていましたね!

「GLP-1」は人間の体の中で食べる量をコントロールしてくれるホルモンなので、痩せている人ほど「GLP-1」の量が多く、太り気味の人だと分泌される量が減っています。

「GLP-1」の働きは血糖値の上昇を抑制するのです。血糖値が上昇してしまうと、体内に脂肪をつきやすくするので、血糖値を下げるためにインスリンの分泌を促します。

「GLP-1」は食べ物が胃から小腸への移動を遅らせ、血糖値の急上昇を防ぎ、
自然な形で血糖値を下げる効果があります。

その「GLP-1」を効果的に出す食べ物をたくさん摂って太りにくい体質になりたいですね。

【「GLP-1」を効果的に出す食べ物】 
乳酸菌  ヨーグルト、チーズ、ぬか漬け、キムチ、味噌
食物繊維が多い食べ物
         穀類 :玄米胚芽米麦めしとうもろこし
         豆類 :煮豆(大豆、うずら豆、あずき) 納豆おから
         芋類 :さつまいも里いもこんにゃく
         野菜 :ごぼうふきセロリアスパラガス青菜類キャベツ白菜
         果物 :柑橘類(みかん、グレープフルーツなど) バナナうり類 アボカド
         きのこ類: しいたけしめじえのき
         海藻類 :わかめ寒天ところ天 ひじき
EPA・・・・サバ水煮缶、さば、いわし、まぐろ

テレビの影響で、サバ缶が一時スーパーの棚から品切れになりました。

このような食べ物を摂って体質改善して効果がでるまでは、時間がかかります。

お医者さんにオンラインで受診して、自分に合った薬を宅急便で受け取り、飲むだけ!

早くダイエットしたい場合は、MS医療ダイエットがいいですね。

MS医療ダイエットなら 実感できます!

MS医療ダイエットは、初診時は対面診察をして、その後、再診はオンラインで
スマホかパソコンで 受信できます。

その2~3日後、宅急便で処方箋薬が送られてくるので、即ダイエット開始!

処方箋薬の働きで、余分なものを体内に残さないで、排出することで、ダイエットが実感できます!

MS医療ダイエットはこんな働きの痩身薬を処方されます。

糖質吸収抑制薬

食前に飲むと糖質が体内に吸収されるのを防ぎます。


小腸での糖質の吸収を阻害します。吸収されなかった糖質はガスとなって排泄されます。
食べ物が胃から小腸、十二指腸でさらに消化されますが、処方薬はここでの糖質の消化を阻害します。

糖質を過剰に摂っていると、脂質は体内に蓄積され、肥満の原因となります。

処方薬を飲んでいると、体内に脂質を吸収させないで、便などとともに体外に排泄させます。

脂質吸収抑制薬

食前に飲むと脂質が体内に吸収されるのを防ぎます。

胃・十二指腸で消化吸収された食べ物は、小腸かた大腸へ。この時で食事から8時間~10時間過ぎています。
処方薬は大腸内でスムーズな排泄を促すために、便に状態を軟便にし滞留便も一緒に体外に排泄させるのです。

便秘解消薬

食前または食間(食事2時間後)に飲用することで大腸内の滞留便の一緒に体外に排泄させます。


便と共に体内から糖質・脂質を排出させるメカニズム

処方薬の有効成分が肥満の原因に働きかけます。
食べたものは食道を通り、約10分~15分で胃まで届き、1~3時間で消化します。
糖質吸収抑制の処方薬は食事をする前に飲むと、糖質が体内に吸収されるのを防ぎます。

糖質吸収抑制薬
食前に飲むと糖質が体内に吸収されるのを防ぎます。
小腸での糖質の吸収を阻害します。吸収されなかった糖質はガスとなって排泄されます。
食べ物が胃から小腸、十二指腸でさらに消化されますが、処方薬はここでの糖質の消化を阻害します。

糖質を過剰に摂っていると、脂質は体内に蓄積され、肥満の原因となります。処方薬を飲んでいると、体内に脂質を吸収させないで、便などとともに体外に排泄させます。

脂質吸収抑制薬
食前に飲むと脂質が体内に吸収されるのを防ぎます。

胃・十二指腸で消化吸収された食べ物は、小腸かた大腸へ。この時で食事から8時間~10時間過ぎています。
処方薬は大腸内でスムーズな排泄を促すために、便に状態を軟便にし滞留便も一緒に体外に排泄させるのです。

便秘解消薬
食前または食間(食事2時間後)に飲用することで大腸内の滞留便の一緒に体外に排泄させます。

尿と共に体内から糖質を排出させるメカニズム



糖質吸収抑制薬
腎臓は血液をろ過して、糖、老廃物、塩分を一旦、尿として排泄します。体に必要なものは再吸収、体内に留める働きをしますが、処方薬によって余っている糖質は腎臓から膀胱へ送られます。
腎臓から膀胱へ送られた糖質は、尿とともに、すべて体外に排泄させます。

糖質のとり過ぎをなかったことにするには?(一般的な場合)

痩身薬に頼りたくないという場合は

①翌日は、主食をいつもより減らします。

②甘いものは食べない

③糖質の代謝を助ける栄養素を摂取する

ビタミンB1・・(豚肉・うなぎ・レバー・玄米・胚芽米・さば・たらこなど)

ナイアシン・(鶏肉・カツオ・いわし・たらこ・ピーナッツ・干ししいたけ)

④いつもより運動を多くする

このような努力して食べ過ぎた糖質を調整することができますが、あなたはどうですか?

SM医療ダイエットなら楽にダイエットを実感できます。

MS医療ダイエットは食事制限はある?運動は必要?

MS医療ダイエットの医師は「無理な食事制限や、辛いトレーニングは必要ありません」と言われています。

MS医療ダイエットでは、処方薬による糖質制限ダイエットですから、普通に食事を摂って軽い運動くらいで充分です。

MS医療ダイエットの予約からダイエットまで

1.スマホでオンライン診察、希望日時予約・・・MS医療ダイエット公式ページで予約します。

初診時のみ対面診察 が必要になります。

2.予約日時の確定・・・クリニックより電話があります。

3.予約日時にクリニックより着信・・オンライン、ビデオ通話で診察
医師の簡単な質問に答えるだけ、食生活、生活習慣などの状況や
どのくらい痩せたいか、痩せた後は維持していきたいかなを聞かれます。10分から15分程度。

4. 最適な薬を処方して自宅へ発送してくれます。

5. 2日後くらいに宅急便でお薬が届いたら、ダイエットスタート

6.アフターケアや再診もあり、サポートしてくれます。

MS医療ダイエットの副作用は?

今までの処方例で重篤な副作用はありません。

医薬品なので副作用があるおそれがあるのも事実ですので、病院へ問い合わせしてください。

MS医療ダイエットの料金は?保険適用?自由診療?

自由診療というと治療費が心配になりますが、

MS医療ダイエットの診察料・処方料含んだ標準的な費用(4週間分痩身薬処方)は公式ページに掲載されています。

医師の診断後、診察だけで終わる場合は費用はかかりません。

4週間分お薬を処方で14640円から21640円

公式ページをご確認ください。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

MS医療ダイエット

MS医療ダイエットの病院はどこにある?

MS医療ダイエットの病院は、東京・新宿と、横浜に病院があり
医療法人社団 清佑会 クリニックという病院で、
医療法人社団として認可を受けた自由診療のクリニックです。

医療法人社団 清佑会 新宿院  葉山芳貴 院長
医療法人社団 清佑会 横浜院  屋比久孝 院長

初診時のみ対面診察なので、新宿か横浜の病院までいって受診します。

その後、再診は、通院しなくても、スマホで遠隔診療診療できます。

遠隔診療診療なら、交通費がかからないし、待ち時間がない。
ビデオ通話で先生と話ができて、お薬は自宅へ届きます。

13052